瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

“これこそ、せともの”セトノベルティの魅力を紹介し、その技術継承に努める市民活動団体です。

瀬戸ノベルティ文化保存研究会 We are the Seto Novelty Culture Preservation Society, a citizens’organization in Seto City, Aichi Prefecture 、Japan◆瀬戸ノベルティに“最高の評価”!レース人形の最高峰・TK名古屋人形製陶所製「アン王女」が皇室に献上!★瀬戸から「ノベルティ」と「昭和の青春切符~集団就職の記録~」を『日本遺産』に!◆時を超えて香り立つ魅力・ノベルティこそ“瀬戸の華”!セト・ノベルティこそ「せともの」!【瀬戸ノベルティ倶楽部:The Seto Novelty Club〈office〉、Americans who love SETO NOVELTIES, your mail to us is deeply welcome. address :setonovelty_club@yahoo.jp】 写真などこのブログでの画像の無断使用は固くお断りします!

≫ EDIT

昭和30年代のプードルのノベルティ

2月10日
☆このごろ、レース人形やチャイナペインティング愛好家から「絵付けをしたりしたいのですが、よい白生地はないでしょうか?」というお問い合わせがよく当会に寄せられます。


IMGP3165fd.jpg

*↑例えば、上のような白生地です。当会には、当会の活動を評価してくれるメーカーが数社あり、そうしたメーカーから白生地についての情報も寄せられますので、ご希望の方々にこうした白生地を斡旋させて頂いています。↓

IMGP3168ds.jpg
*↑釉薬の塗っていないビスクの白生地です。↓
IMGP3170d.jpg
IMGP3175sa.jpg

IMGP3172fd.jpg
*↑釉薬(透明薬)の塗ってあるビスクの白生地です。↓
IMGP3173ds.jpg
IMGP3177fd.jpg

*↓磁器の白生地もあります。当会は、転写を施して活用しようかと思っています。
IMGP3174FD.jpg

*今、市中に残されている白生地もあります。用いられずに、ホコリに埋もれるだけの白生地もあるのです。そうした遊休の窯業資源が活用されれば、瀬戸窯業の活力にもなりますので、当会は埋もれた資源とそれらを求める人たちとの間に立ってしばしば斡旋させて頂いています。“陶都としての継承”につなげるためにも、こうした白生地をお求めになりたい方がおられましたら、当会、下記宛て、メールか往復葉書でお知らせ下さい。お役に立てない場合も多くありますし、また当会の可能な範囲でのご紹介になりますので、あしからず御了承下さい。
 〒489-0814 瀬戸市末広町 3-16
 「瀬戸ノベルティ文化保存研究会」
 <メール>setonovelty_club@yahoo.co.jp

2月10日
☆当会はさらに、昭和30年代初期のプードルのノベルティの画像を入手しました。占領時代から自由貿易、そして高度成長へと飛翔していく頃の製品で、意欲的な製品開発のエネルギーに溢れていた時代でした。

テーケー製陶 昭和32年 1fd
*↑昭和32年のテーケー製陶の製品です。↓
テーケー製陶 昭和32年 2 (2)r
テーケー製陶 昭和32年 2 (1)v

瀬戸・春寿園製陶 昭和32年 d
*↑瀬戸の春寿園製陶という会社の昭和32年の製品です。

山本製陶 昭和33年 (1)re
*↑瀬戸の山本製陶という会社の昭和33年の製品です。

博雲陶器 昭和32年re
*↑博雲陶器、昭和33年の製品です。

常滑・丸益冨浦製陶所昭和32年 (1)re
*↑常滑市の丸益富浦製陶所、昭和32年の製品です。

名古屋市・加藤清商店昭和32年fw
*↑名古屋市の加藤清製陶所、昭和32年の製品です。

テーケー製陶 昭和33年 1rw
↑テーケー製陶、昭和33年の製品です。

千種貿易 昭和d
↑名古屋市の千種貿易の扱った昭和33年の製品です。

| 記事 | 08:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

厳寒の中にも春めくもの…

2月9日
*厳寒の中にも春めくものを感じます。春は、来るのではなく、待ち焦がれ、呼び寄せるものなのかもしれません。そこで、思いっきり“カワイイ”ノベルティを再びご紹介します。まず、ヴァレンタインのノベルティ小物入れから。

IMGP3143s.jpg
IMGP3149ds.jpg
IMGP3144ds.jpg
*↑昭和40年代に作られたセト・ノベルティ、小物入れです。↓
IMGP3156ew.jpg
ぃいいい (1)r

IMGP3135ew.jpg
*↑“ジョセフ・オリジナル”のマンスリーのノベルティです。残念ながら12か月の全部は揃っていません。これらも昭和40年代に輸出されたものです。当時はきわめて安く売られていましたが、今ではその独特の雰囲気を湛えたカワイラシサからアメリカではきわめて評価が高い製品となっており、“ジョセフ・オリジナルのコレクターブック”が売られている程人気です。ノベルティ産地の瀬戸では、ただ安い製品だったからということで、こうした製品を業界もまた行政さえ全く無視し、ほとんどすべてを廃棄してきました。
IMGP3138ew.jpg
IMGP3164ew.jpg
(↑“ジョセフ・オリジナル”の裏印)
IMGP3136ew.jpg
IMGP3137ew.jpg
IMGP3139ew.jpg

IMGP3114re.jpg
*“お座りキャット”です。アメリカではこうした腰かけ式の製品を“shelfsitting○○”(せり出した棚座りの…) と言うそうです。
IMGP3115ew.jpg
IMGP3110ds_201802091851073a1.jpg
IMGP3120ew.jpg
*↑この製品は、腕も動くようになっています。↓
IMGP3121ew.jpg
cccew
IMGP3124ew.jpg
IMGP3123ew.jpg

frerr
*↑文字通り、椅子にどっかりと腰かけている猫のノベルティです。↓
g (1)ew
h250

*この流れで恐縮ですが、“きもわる系”の“shelfsitter ”もあります。
IMGP3127ew.jpg
IMGP3125ew.jpg
*愛知県岡崎市生まれの地域キャラ、“オカザえもん ”のノベルティです。
IMGP3126re.jpg

2月9日
☆当会はこのほど、大変素晴らしい“デコ盛り”の逸品を目にしました。

ssfd

IMGP2685fd.jpg

IMGP2746ff.jpg

*すでにこの世を去られたある職人さんの手描きになる作品で、このような作品が100点以上も埋もれているそうです。
1d
*この職人さんは、神戸市で6年間修業、20歳から50余年に亘って“デコ盛り”の製作を続けられました。“デコ盛り”は京都の友禅染の技法を活かし、東洋風な絵柄を盛り絵技法で描くもので、この職人さんは典型的な羅漢絵の他、花鳥山水、浮世絵など幅広く多様なモチーフの製品を作り続けてきました。
3ew

*当会は所有者にこれらのデコ盛りの逸品を展示する企画展の開催を勧めているところです。

IMGP2835ds.jpg
IMGP2712tt.jpg

2ds
*ラフスケッチの「あたり」から墨で描く「骨描」、絵の具による彩色、一次焼成、盛り付け、二度目の焼成…。この職人さんは、すべての工程を一人でこなしていました。「これらの製品を決して埋もれさせてはならない」と当会は切に願っています。
4ew
IMGP2766fd.jpg
IMGP2771ew.jpg
あre
いew

うre



| 記事 | 07:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノベルティ職人の記録

2月8日
☆当会はノベルティづくりに関わる職人さんたちの記録を続けています。


IMGP1187ds_20180208070839f76.jpg
IMGP1409re.jpg

*当会は今、ある女性職人さんの記録を行っています。この職人さんのことは近々、ご紹介する予定です。

IMGP1424re.jpg
IMGP1431re.jpg
IMGP1123re.jpg


| 記事 | 07:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫のヒゲ

2月7日
☆近々、廃業するというメーカーから入手した製品をご紹介します。スーベニアと言われる土産品で、このメーカーは日本全国、津々浦々へ出荷していた会社ですが、廃業する予定です。


IMGP1867fd.jpg
*当会が同社から入手した製品の一例で、猫のノベルティのスーベニアです。実は、これらの製品が今では大変貴重な製品になっているのです。何が大切なのか、それがポイントなのです。
cccds
ssfd
*↑この製品は日光東照宮の土産物として作られた製品で、テレビドラマで紹介されたこともあります。↓
IMGP1870ds.jpg
IMGP1871fd.jpg
IMGP1872ews.jpg
*この猫のヒゲをきちんと描くことができる人が今はいなくなったのだそうです。↑
IMGP1885fd.jpg
IMGP1887ds.jpg

xs (2)fd
xs (1)ds



| 記事 | 17:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和30年代初期に作られたプードル犬の画像

2月7日
☆当会は、昭和30年代初期に作られたプードル犬のノベルティの写真画像を入手しました。

IMGP1533fd.jpg

tkre.jpg
*↑“テーケー製陶所”製のノベルティで、アメリカで“スパゲッティ”と呼ばれている加飾が添えられた製品です。↓
昭和32 tk (2)fd

フェア商会ー昭和34年gf
*↑フェア商会という商社が昭和34年に扱った製品です。昭和34年といえば、伊勢湾台風が来た年でした。

春寿園-5df
*↑“春寿園”という瀬戸のノベルティメーカーの製品です。

丸盛製陶 昭和34ds
*↑“丸盛製陶”というノベルティメーカーの製品で、これも伊勢湾台風が来た年の製品でした。

日本産業ds
*↑“日本産業”というメーカーの製品です。

昭和32 tk (1)ds
*↑この“スパゲッティ”と呼ばれる加飾法は“テーケー製陶所”が特許庁の実用新案を入手したものらしく、“テーケー製陶所”には、このような多様な製品を製造していました。↓
TK (2)ds
(↑“テーケー製陶所の製品↓)
TK昭和v

☆戌(いぬ)年にあたり、気になる犬のノベルティがあります。倒産した丸利商会から当会が6年ほど前に入手した製品です。

IMGP1044ds_201802060202007bd.jpg

*パグ犬かと思われますが、なかなか優れたノベルティです。
IMGP1056fd.jpg
IMGP1060tr.jpg
IMGP1055fd.jpg

*インターネットで調べたところ、今もこれと同じ製品がアメリカに残っていることが分かりました。それによればアメリカで購入する場合、入札にかけられて売買されるのですが、最低価格は1万7000円もするようです。
IMGP1051re.jpg

*この製品には裏印が焼き付けられています。それによれば、これは1974年に作られた製品です。さらにインターネットで調べると、驚くことに、この製品はドイツのドレスデンで作られたある製品の複製のようです。そして、そのオリジナルのドレスデンの製品はなんと最低17万円もする製品であることがわかりました。↓
Carl Thieme Antique Dresden Porcelain PUre Dog, Painted, Floral Plinth- 2 (2)
(↑ドレスデンで作られたオリジナルの製品↓)
Carl Thieme Antique sorcelain PUG Male, 8 Dog, Painted, Floral Plinth- 4
Carl Thieme Antique Dresden PdG Male, 8 Dog, Painted, Floral Plinth- 5
*さすがに、↑オリジナルのドレスデンの製品はなかなかの出来映えです。唸ってしまうほど精緻で卓越した職人技によって手描きされた製品です。↓
Carl Thieme Antique dscelain PUG Male, 8 Dog, Painted, Floral Plinth- 7 (2)
Fine Pair Of Dresden Porcelain Pugeres - Carl Thieme

*瀬戸の丸利商会製はそれに比べれば見劣りします。しかし、瀬戸の丸利商会製もなかなかの出来です。↓
IMGP1049tr.jpg
IMGP1057gf.jpg
IMGP1045re.jpg

*当会は今も、まもなく廃業するというあるノベルティメーカーの製品と資料を収集させて頂いています。後からみれば、「ああ、あの時が“陶都・瀬戸が消滅に向かって急激に転げ落ちて行った時だったのか…”」と呟く時が来るのではないかと思えてならないからです。当会の活動はちょうど10年前の映画『おくりびと』のようなものかもしれません。

IMGP1072re.jpg

| 記事 | 02:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思いがけないめぐり合い、そして、めぐりくる季節に…

2月3日
☆今日から瀬戸で「お雛めぐり」が始まりました。「瀬戸ノベルティ俱楽部」の飾り窓にはノベルティのお雛様が並びました。


IMGP0648ds_20180203153059359.jpg
(↑瀬戸ノベルティ倶楽部: 瀬戸市末広町商店街↓)
IMGP0649fd.jpg

IMGP0651ds.jpg
(↑ノベルティ絵付け職人・大島りえさんの絵付けによる作品)

IMGP0657ew.jpg
(↑キューピーのミニ雛人形)

IMGP0655fd.jpg
(↑レースドール作家によるお雛様)

IMGP0642ew.jpg
*↑雛人形は和風のモチーフのため、瀬戸のノベルティとしての雛人形は多くありません。そこで当会は、飾り窓の裏側に雛人形の雰囲気にあった瀬戸ノベルティを飾ることにしました。まず、白土博雲(しらつち・はくうん)の原型によるノベルティです。
IMGP0644sa.jpg
*↑これらは白土博雲の原型による製品です。白土博雲は初め丸山陶器に勤め、後に独立して「博雲陶器」を創設しました。「博雲陶器」は廃業し、今、その跡地がヤマダ電器という量販店になっています。
IMGP0645ds.jpg
*丸山陶器の創業者・山城柳平の生涯を描いた『黒い煙と白い河』には白土博雲について次のように書かれています。「大正12年の末頃、一人の若い彫刻家が瀬戸へやって来た。東京で震災に会い、知己を頼って来瀬したものという。この男が白土博雲であった。…博雲は福岡市対馬小路の産、少年時代より彫刻を志し、法隆寺にあった奈良美術院に学んだり、京都五条坂の帝室技芸院会員・諏訪礎山に師事したりした。…加藤佐久衛によりその礎を築かれたビスク人形は、白土を得てようやくドイツ品に比肩できるようになる」。
IMGP0646fsd.jpg
*次に、瀬戸ノベルティの絵付師の中でも特にすぐれた技量をふるった深井三行(ふかい・みゆき)さんが絵付けを施した製品です。↓
1s
2ds
*↑何とも美しい絵付けです。↓

vds_20180203180050df6.jpg
4wq
*これらの製品もご遺族から寄贈を受けたものです。「瀬戸ノベルティ倶楽部に置いてもらえれば、多くの人たちに父の製品を見てもらえますから…」と当会にご寄贈下さったのです。一年中展示することはできませんが、巡り来る季節には展示させて頂きますので、三行さんもご遺族も喜んで下さっていることと信じます。
xew_20180203180159e14.jpg
3ds

IMGP8531sa_2018020318063423f.jpg
(↑ノベルティ絵付け師・故深井三行さん)
IMGP8543ds.jpg
(↑深井三行さんの絵付け道具)
IMGP8528re.jpg
(↑当会が故深井三行さんのご遺族から寄贈を受けたノベルティ製品↓)
22 (2)ds
22 (1)ds

2月3日
☆東京で珍しい製品と出会ってきました。

IMGP0569fd_20180203074621c99.jpg

IMGP0542ds.jpg

ddds_201802030801136ae.jpg

*“Nursery Rrhymes”(ナーサリー・ライム)をテーマとするノベルティです。当会独自の新たな企画が芽生えるかもしれない出会いでした。

IMGP0537ds.jpg
IMGP0540e.jpg

IMGP0544re.jpg

IMGP0547re.jpg
IMGP054es.jpg
IMGP0554ds_20180203134209463.jpg
IMGP0555ew.jpg

*あるホテルのロビーで瀬戸製と思われるノベルティと出会いました。↓

1ew_20180203080614ea6.jpg
あre
*この製品、どこかで見た記憶が甦りました。
IMGP0662ds.jpg
*↑2016年夏に解体された生地メーカーから当会が入手した白生地です。
2ds_20180203080713620.jpg
IMGP0664ds.jpg
(↑当会が入手していたノベルティ)
3w.jpg
*これは確かに丸山陶器の製品である、そのことが瀬戸に戻ってきてから確認できたのです。
vew_20180203081016091.jpg
IMGP0661ds.jpg

*今回の東京での出会いからわかったこと。それは、たまたまホテルのロビーで見かけたノベルティが瀬戸の丸山陶器の製品であったこと。そして、この製品は天使2体とマリア様の計3体セットであったことがわかったのです。ことほどさように、瀬戸ノベルティは国の内外で高い評価を得、広範に普及していたことがわかったのです。

IMGP0583dssa.jpg



| 記事 | 08:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空間芸術家・栗本百合子さん逝去…

2月1日
☆空間芸術家・栗本百合子さんが昨年12月に亡くなったと昨日、耳にしました。栗本さんは「陶都・瀬戸の一番大切な宝物」をインスタレーターとして見つめていました。 


栗本百合子さん・撮影20170307日d
(↑栗本百合子さん: 昨年3月7日当会撮影)

*栗本百合子さんが精魂傾けて整備し、“作品”に仕立てた老舗窯場の「愛知製陶所・サンプルショールーム」も昨年初夏に解体され、姿を消しました。
IMGP0446ds.jpg
cfd_201802010759416ba.jpg

IMGP0633re.jpg

IMGP0632fd.jpg

*当会は、栗本さんの生前の姿をビデオで記録させて頂いていました。いつか、その動画を栗本さんが生きた証として、そして、陶都・瀬戸への問いかけとしてまとめたいと思っています。

20170319 撮影 (2)ew 

are_201802010800503bd.jpg

cccds_20180201023621226.jpg

*解体を重ねながら発展してきたと言われる瀬戸市。相次ぐ窯屋の解体は『陶都・瀬戸』の消滅を招き寄せる一方です。

| 記事 | 02:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「瀬戸ノベルティ俱楽部」からお知らせ

2月1日
☆当会の活動拠点「瀬戸ノベルティ俱楽部」は、今日2月1日と明日2日は、取材のため休館とさせて頂きます。どうぞ、ご了承ください。

| 記事 | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT