『敗北を抱きしめて』から考える占領への道のり 瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

“これこそ、せともの”セトノベルティの魅力を紹介し、その技術継承に努める市民活動団体です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

瀬戸ノベルティ文化保存研究会 We are the Seto Novelty Culture Preservation Society, a citizens’organization in Seto City, Aichi Prefecture 、Japan◆瀬戸ノベルティに“最高の評価”!レース人形の最高峰・TK名古屋人形製陶所製「アン王女」が皇室に献上!★瀬戸から「ノベルティ」と「昭和の青春切符~集団就職の記録~」を『日本遺産』に!◆時を超えて香り立つ魅力・ノベルティこそ“瀬戸の華”!セト・ノベルティこそ「せともの」!【瀬戸ノベルティ倶楽部:The Seto Novelty Club〈office〉、Americans who love SETO NOVELTIES, your mail to us is deeply welcome. address :setonovelty_club@yahoo.jp】 写真などこのブログでの画像の無断使用は固くお断りします!

≫ EDIT

『敗北を抱きしめて』から考える占領への道のり

1月6日
☆そもそも“オキュパイド・ジャパン”時代は、1945年9月2日、東京湾に浮かんだ米戦艦ミズリー号の甲板で行なわれた降伏文書の調印式から振り返ってみる必要があります。その時の事情について、ジョン・ダワー著『敗北を抱きしめて』(John W. Dower, “Embracing Defeat: Japan in the Wake of World WarⅡ”岩波書店翻訳)は多くのことを教えてくれます。 

ccccfd

*一般に、私たち日本人が知っている降伏文書調印式の写真は次の写真です。↓ 
IMGP4926gf.jpg
*これは外務省から公開されている写真です。(↑外務省編「移り変わる日本~近代化百年の歩み~」)。しかし、実は、米軍はこの時、他の複数の写真を撮影していました。↓
U.S. Navy battleship USS Missouri 8ミズーリ艦上における降伏文書調s
(↑“U.S. Navy battleship USS Missouri”から↓)
U.S. Navy battleship USS Missouri 7…日本側全権代表団dd

*この降伏文書調印の様子は『敗北を抱きしめて』で次のように書き記されています。
「この儀式には、象徴的なものが沢山みられた。戦艦の名であるミズリーは、トルーマン大統領の出身州であった。…この時、ミズリー号に飾られた旗のひとつは、1941年12月7日、真珠湾が攻撃された時ホワイトハウスに翻っていた星条旗であった。…もうひとつ、飛行機でアナポリスから急送された旗があった。それは、ペリー提督の旗艦ポーハタン号に翻っていた星31個の星条旗であった。ペリーは砲艦外交によって2世紀余りにわたる日本の鎖国を終わらせた。…これが、血で血を洗う西側列強との世界的規模の競争へと日本を駆り立てるきっかけとなった。そして、今や百年の光陰を経てペリーが想像だにしなかったであろう科学技術と科学立国を象徴する巨大な海軍、陸軍、そして空軍をたずさえてアメリカ人たちは帰ってきたのであった。ペリーの古めかしい旗を日本人への叱責のようにはためかせながら」。(アナポリスはアメリカ・メリーランド州の州都で、アメリカの海軍および海兵隊の士官学校がある軍都。また、アメリカは降伏文書調印にあたって、ペリーが開国を迫ったときの星条旗は星31個、調印式が行なわれた1945年当時の星は48個。アメリカはその二種類の国旗をミズリー号の艦上に掲げました。因みに、降伏文書調印式の後、アメリカにアラスカ州とハワイ州の2州が加わり、星条旗の星は50になりました)

①U.S. Navy battleship USS Missouri 1ff
*↑ミズリー号とはどんな戦艦だったのでしょうか。↓
U.S. Navy battleship USS Missouri 15…1945年8月20日、ミズーリ(左)とアイオワ(右)
(↑右がミズーリ号:1945年8月)
U.S. Navy battleship USS Missouri3ds
*↑日本軍による特攻攻撃を受けたこの名高い写真の戦艦がミズーリ号でした。
い (2)fd
(↑降伏文書に調印する政府全権・重光葵)
い (1)fd
(↑降伏文書に調印する大本営全権・梅津美治郎陸軍大将)
*『敗北を抱きしめて』は次のように続きます。「…二人の日本政府代表が降伏文書に署名した。帝国軍隊を代表する梅津美治郎将軍と帝国政府を代表する外交官・重光葵である。重光は1932年、朝鮮植民地化に抗議する朝鮮人の爆弾テロで片足を失っていた。アメリカの戦艦の揺れるデッキの上を歩く重光の足どりは重くたどたどしく、手足をもがれ、力を失った日本という印象を異様な仕方で伝えていた。しかし、こうして出席した者たちの背後には、本来なら出席すべき人々がいたのであった」。ジョン・ダワーは、この『敗北を抱きしめて』の中で、大方の予想に反し天皇や皇室・宮内省関係者がこの席にいなかったことは天皇が戦争責任から免れることの兆候であったろう、と書いています。また、それに先立って、ジョン・ダワーは、天皇の『終戦の詔勅』 にも触れ、「天皇は、“降伏”とか敗北”といった明確な言葉はまったく使っていなかった。…天皇はこの証書によって、不可能を可能にしようとした。屈辱的な敗北の宣言を、日本の戦争行為の再肯定と、天皇の超越的な道徳性の再確認へと転換しようとしたのである」とも書いています。
U.S. Navy battleshipsMissouri 9調印するダグラス・マッカーサー陸軍元帥
(↑降伏文書に調印する連合国軍最高司令官、ダグラス・マッカーサー)
*『敗北を抱きしめて』は、また、このミズリー号でのマッカーサーの演説の内容を次のように書きとめています。
「敗戦国日本については、降伏条件にしたがい、日本人を『奴隷状態』から解放し、日本人のエネルギーが建設的方向に発令されるようにさせる責任が戦勝国に生じたと宣言した。(日本人にとって)未来はまったく見えず、祖国が受けた屈辱の大きさは、今ようやく身にしみはじめていた。祖国が完全に従属的地位に落ちたという実感は降伏調印式のドラマチックな仕掛けによってさらに強められた。…いまや東京湾は、力に満ち、ピカピカに磨かれたアメリカの軍艦でいっぱいになっていた。調印式の間のある瞬間、耳をつんざく爆音とともに、海軍戦闘機1500機に護衛され、キラキラ輝きながら低空飛行するB29爆撃機約400機が空をおおった。」
U.S. Navy battleship USS Missouri ⑫祝賀飛行する米軍機編隊s
(↑調印式当日に祝賀飛行する米軍機編隊 :.S. Navy battleship USS Missouriより)

*ミズーリ号は第二次世界大戦に参加した後、朝鮮戦争や湾岸戦争にも参加しました。
U.S. Navy battleship USS Missouri16朝鮮半島沖で砲撃を行うミズーリq
(↑朝鮮半島沖で砲撃を行うミズーリ)
U.S. Navy battleship USS Missouri ⑭湾岸戦争での主砲斉射s
(↑湾岸戦争で砲撃するミズーリ)

*そして今、退役した後、今、ハワイ・オアフ島のパールハーバーで記念艦として保存されているのです。





| 記事 | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://setonovelty.blog65.fc2.com/tb.php/956-357cb3c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT