珍しい“プラスティックレース人形” 瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

“これこそ、せともの”セトノベルティの魅力を紹介し、その技術継承に努める市民活動団体です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

瀬戸ノベルティ文化保存研究会 We are the Seto Novelty Culture Preservation Society, a citizens’organization in Seto City, Aichi Prefecture 、Japan◆瀬戸ノベルティに“最高の評価”!レース人形の最高峰・TK名古屋人形製陶所製「アン王女」が皇室に献上!★瀬戸から「ノベルティ」と「昭和の青春切符~集団就職の記録~」を『日本遺産』に!◆時を超えて香り立つ魅力・ノベルティこそ“瀬戸の華”!セト・ノベルティこそ「せともの」!【瀬戸ノベルティ倶楽部:The Seto Novelty Club〈office〉、Americans who love SETO NOVELTIES, your mail to us is deeply welcome. address :setonovelty_club@yahoo.jp】 写真などこのブログでの画像の無断使用は固くお断りします!

≫ EDIT

珍しい“プラスティックレース人形”

12月4日
☆瀬戸市美術館(瀬戸市文化センター)で『海を渡ったせとものたち~田中荘子オキュパイド・ジャパンコレクション~』展が開幕していますが、今夕、中京テレビ『キャッチ』で紹介されました。


☆『海を渡ったせとものたち~田中荘子オキュパイド・ジャパンコレクション~』の会場にきわめて珍しいレース人形が展示されています。“プラスティックレース人形”です。

IMGP3071ew.jpg

*“オキュパイド・ジャパン”時代は一般に1947年から1952年までの5年間とされていますが、その期間中、また、その後の製品に、“プラスティックレース人形”というものがありました。磁器製のレースではなく、プラスティックレースを着装した人形で、この“プラスティックレース人形”が『海を渡ったせとものたち』で展示されています。当会は、この“プラスティックレース人形”についての貴重な情報を得ています。ある老舗のノベルティメーカーに、「瀬戸陶磁器プラスチックレース人形協同組合」という定款と、バイヤーに対しての連絡事項を記した書類が残されていたのです。↓

定款s
(↑「瀬戸陶磁器プラスチックレース人形協同組合」の定款)

*その定款によれば、「瀬戸陶磁器プラスチックレース人形協同組合」の組合員としての資格は、①“合成樹脂で加工した繊維製品を着装した磁器及び陶器”の製造販売業を行う事業者であること②実用新案第三七九四三八号の権利者又はその実用特許を得た者③特許出願公告昭和二十六年第一五四二号の権利者又はその実施許諾を得た者なること などと記されています。

新規考案ds
名義ds
*↑これらの特許は光和陶器、山国製陶、三進陶器(後の大東三進)の3社が登録保有しており、その他、TK製陶、丸山陶器、後藤松吉商店(後のゴトー)の3社を含む6社が「瀬戸陶磁器プラスチックレース人形協同組合」の設立発起人になっていました。↓
6社ew

*この資料から、『海を渡ったせとものたち』で展示されているプラスチックレース人形がこれら6社のうちのどれかのメーカーの製品であることが推測されます。

IMGP3050w.jpg

IMGP3051e.jpg
IMGP3052ew.jpg
IMGP3053ed.jpg

*資料によれば、こうした“プラスティックレース人形”は特許の製法に従って製造されていましたが、特許侵害による製造事案や類似模倣品の製造があったことからこの組合が組織されたということです。この“プラスティックレース人形”が、生産品のヴァリエーションを生み出し販路を拡大させようとして製品開発されたものであったのか それとも何らの資源払底により磁器によるレース人形の生産が困難であったための代用措置としての一時的な生産品であったのかは、わかりません。

IMGP3054f_20171204231305627.jpg
IMGP3055re.jpg
IMGP3056ew_20171204231437614.jpg

*それにしてもボディーに取り付けられているプラスチックレースがどのような技術的な方法によってピンと張った美しい形を保っているのか、また、ボディーに着装するためにどんな技術が用いられているのかは定かではありません。

IMGP3097w.jpg

*展示品の中に、“プラスティックレース人形”ではなく、本物の布レースを何らかの方法によって固めたレース人形もあります。↓
あew
いew
うew
えw

おwe

*展示品の中に、TK(テーケー)製陶所の製品もあります。TK(テーケー)製陶所は、今、瀬戸市で本格的なレース人形を製造するで唯一のレースドールメーカーです。↓
1e
2e
3e
IMGP1809sa.jpg

*これらレース部分が焼成されていないレース人形は敗戦後の一時期に作られただけに、きわめてレアなヴィンテージ品なのです。






| 記事 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://setonovelty.blog65.fc2.com/tb.php/931-14b8aba0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT