帽子をかぶった“キッチュ”なノベルティ人形 瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

“これこそ、せともの”セトノベルティの魅力を紹介し、その技術継承に努める市民活動団体です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

瀬戸ノベルティ文化保存研究会 We are the Seto Novelty Culture Preservation Society, a citizens’organization in Seto City, Aichi Prefecture 、Japan◆瀬戸ノベルティに“最高の評価”!レース人形の最高峰・TK名古屋人形製陶所製「アン王女」が皇室に献上!★瀬戸から「ノベルティ」と「昭和の青春切符~集団就職の記録~」を『日本遺産』に!◆時を超えて香り立つ魅力・ノベルティこそ“瀬戸の華”!セト・ノベルティこそ「せともの」!【瀬戸ノベルティ倶楽部:The Seto Novelty Club〈office〉、Americans who love SETO NOVELTIES, your mail to us is deeply welcome. address :setonovelty_club@yahoo.jp】 写真などこのブログでの画像の無断使用は固くお断りします!

≫ EDIT

帽子をかぶった“キッチュ”なノベルティ人形

4月19日
☆当会の収集品の中から、帽子をかぶった“キッチュ”なノベルティをご紹介します。 以下はいずれも昭和30年代から40年代にかけて瀬戸市で作られたノベルティです。

IMGP7166ds_201704191131122eb.jpg
IMGP7175d.jpg
IMGP7194d.jpg

IMGP7168ds.jpg
IMGP7167d.jpg
IMGP7171er.jpg
IMGP7173r.jpg
IMGP7193fd.jpg
aaaau.jpg

IMGP7200ds_20170419115155348.jpg
IMGP7201 s
IMGP7203fd.jpg
IMGP7202fd_201704191155200b6.jpg

*これらは、いずれも当時きわめて安く売られていました。しかし、今なお、こうした“キッチュ”なノベルティは特にアメリカで数多く残されていて、きわめて高価なものとして売買されたり、交換されたりしています。しかし、肝心な瀬戸のメーカーはそうした事実を全く知りません。このような製品が今なおアメリカに数多く残されているという事実も、また、当時では全く想像できないほどの高い評価を集めていることを知りません。

IMGP5397s.jpg
*↑今はもうない「日光陶器」の製品で、オルゴールのノベルティです。↓
IMGP5399fd.jpg
IMGP5398ds_201704191214484dc.jpg
IMGP5411ds_201704191216554ae.jpg

IMGP6962fd.jpg
*これも「日光陶器」の製品で、『ティファニーで朝食を』のヒロインをモティーフとしたノベルティです。↓
IMGP6964fd.jpg

IMGP7206ds.jpg
IMGP7208ds_20170419115650e23.jpg

CIMG1867fd.jpg
*↑「池田マルヨ」というノベルティメーカーの製品です。これらの製品の在庫の多くは廃棄してしまったそうです。↓
CIMG1869fd.jpg

IMGP1655fd.jpg
IMGP1662tr.jpg

CIMG1873fd.jpg
CIMG1874fd.jpg
CIMG1877fd.jpg
CIMG1885fd.jpg

*今なお、アメリカでこうした“キッチュ”なノベルティが人々の心をとらえているという思いがけない事実。「陶都の再生」ということを考える際にその事実はおおいに注目すべきことであると考えます。その事実の中に、今から40年から半世紀も前に瀬戸で作られたこうした瀬戸のノベルティの中に時と場所を隔てても人のこころを捉える魅力や力が埋もれてからに違いない、そう思われるからです。そうした魅力や力を持つノベルティの特質は、例えば当会が“キッチュ”と呼ぶような特質ではないか、と考えるのです。

IMGP6777r.jpg
IMGP6784ds.jpg
IMGP6792fd.jpg
IMGP6790r.jpg
IMGP6791fd.jpg

IMGP0454fd.jpg
IMGP0455ds.jpg

*こうした“キッチュ”なノベルティの魅力の中にこそ「陶都再生への可能性や糧」を見出せる…、当会はそう確信しています。




| 記事 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://setonovelty.blog65.fc2.com/tb.php/765-d696f7c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT