“ペケ”も当会の大切なノベルティ 瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

“これこそ、せともの”セトノベルティの魅力を紹介し、その技術継承に努める市民活動団体です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

瀬戸ノベルティ文化保存研究会 We are the Seto Novelty Culture Preservation Society, a citizens’organization in Seto City, Aichi Prefecture 、Japan◆瀬戸ノベルティに“最高の評価”!レース人形の最高峰・TK名古屋人形製陶所製「アン王女」が皇室に献上!★瀬戸から「ノベルティ」と「昭和の青春切符~集団就職の記録~」を『日本遺産』に!◆時を超えて香り立つ魅力・ノベルティこそ“瀬戸の華”!セト・ノベルティこそ「せともの」!【瀬戸ノベルティ倶楽部:The Seto Novelty Club〈office〉、Americans who love SETO NOVELTIES, your mail to us is deeply welcome. address :setonovelty_club@yahoo.jp】 写真などこのブログでの画像の無断使用は固くお断りします!

≫ EDIT

“ペケ”も当会の大切なノベルティ

3月15日
☆あるノベルティメーカーから入手した製品です。

IMGP2521fd.jpg
IMGP2523fd.jpg
*“陶毛(とうもう)”と呼ばれる技法が用いられている製品です。
IMGP2535b.jpg
IMGP2531ds.jpg
IMGP2536fd_20170315224720626.jpg

*瀬戸では不良品を“ペケ”と呼びます。普通“ペケ”は廃棄されますが、当会は“ペケ”品にも愛着を寄せています。それは、“ペケ”品にもこの世に生まれ出ようとした物語があるからです。今はすでにない山国製陶の廃業時、当会が山国製陶から入手した“ペケ”品の中にキューピーのノベルティがあります。

IMGP2546f.jpg
3 (1)gd
IMGP2549fd.jpg
*何故か、粘着物が顔などに付いて取り除けないので“ペケ”となってしまいました。どうせ捨てるからというので頂きました。

IMGP2548ds_201703152331069b2.jpg
*イースター向けの製品なのでしょうか?
1996年MAR5d
*↑1996、MAR(3月)と読めます。山国製陶がこの製品を製造し、それを加藤工芸という陶磁器商社に納めていたとのことです。しかし、先に山国製陶が破産し、ついで加藤工芸も破産しています。
1r
vvvd
3 (2)d

*次に珍しい製品です。
IMGP2584fd_201703152345492be.jpg
*↑「陶枕(とうちん)」。磁器製の枕です。↓
IMGP2585f.jpg
IMGP2592ds.jpg
IMGP2588fd.jpg



| 記事 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://setonovelty.blog65.fc2.com/tb.php/739-588e5004

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT