『丸山陶器・秋の特別公開』の見学者を募集しています。 瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

“これこそ、せともの”セトノベルティの魅力を紹介し、その技術継承に努める市民活動団体です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

瀬戸ノベルティ文化保存研究会 We are the Seto Novelty Culture Preservation Society, a citizens’organization in Seto City, Aichi Prefecture 、Japan◆瀬戸ノベルティに“最高の評価”!レース人形の最高峰・TK名古屋人形製陶所製「アン王女」が皇室に献上!★瀬戸から「ノベルティ」と「昭和の青春切符~集団就職の記録~」を『日本遺産』に!◆時を超えて香り立つ魅力・ノベルティこそ“瀬戸の華”!セト・ノベルティこそ「せともの」!【瀬戸ノベルティ倶楽部:The Seto Novelty Club〈office〉、Americans who love SETO NOVELTIES, your mail to us is deeply welcome. address :setonovelty_club@yahoo.jp】 写真などこのブログでの画像の無断使用は固くお断りします!

≫ EDIT

『丸山陶器・秋の特別公開』の見学者を募集しています。

10月7日
☆『丸山陶器・秋の特別公開』を当「瀬戸ノベルティ文化保存研究会主催・丸山陶器特別協力」により行います。瀬戸ノベルティの創業社・丸山陶器は瀬戸のノベルティ産業とその文化を牽引してきた老舗で、今なおノベルティの至宝が眠っています。この見学会は故加藤豊前社主の遺志に沿って行うもので、今回が3回目です。見学は無料ですが、当会からのご案内葉書がないと入場・見学はできません。今、その見学希望者を募集しています。応募の締め切りは今月15日です。 


IMGP1888fd.jpg
(↑瀬戸ノベルティの至宝・丸山陶器の傑作「マスク持ち」 :マリー・アントワネットとその愛人フェルゼンがモデルと言われる)

✲特別公開は、きたる11月3日(土・文化の日)と4日(日)の二日間です。見学は、両日とも、午前一回、午後2回の一日計3回の見学となり、人数限定・日時指定により行います。当会と特別協力者である丸山陶器さんの指示に従ってのご見学となります。

IMGP1918ds.jpgIMGP1920ds.jpg

【見学ご希望の方】

✲上記事項をご了承の上、葉書かメールでお申し込み下さい。見学者集中によりご希望日時が叶わない場合もあります。また、見学希望者が予定人員をオーバーする場合は抽選となります。「電話での応募」はお受けできません。

(住所)  〒489-0814 瀬戸市末広町3-16 「瀬戸ノベルティ倶楽部」
(メール) setonovelty_club@yahoo.co.jp

IMGP2115fd.jpg

✲【お問い合わせ】
電話ではなく、メールで上記アドレス宛てお願いします。なお、この特別公開は当「瀬戸ノベルティ文化保存研究会」の主催」で、お問い合わせは当会へお願いします。丸山陶器さんへの直接のお問い合わせは一切お受けしません。

IMGP2107fd.jpg

【見学ご希望のお申し込み】(葉書またはメールに限ります)

〇下記を必ず記入してください。
  住所
  氏名
  電話番号
  メールアドレス (なければ記入不要)
  見学希望日・時間帯…3日か4日のいずれか、また、午前か午後の第1回か第2回かを記入。

DSCN3001ds.jpg
(↑ノベルティの創業者・山城柳平氏が住んだ家も残されています)

〇両日は、丸山陶器事務所棟の2階ギャラリーでの企画展示の他、1階で丸山陶器蔵出し在庫の限定販売も行います。今回は比較的安価で魅力的な製品を数多く出品する予定です。

DSCN1482a.jpg
(↑丸山陶器の事務所棟)

| 記事 | 11:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://setonovelty.blog65.fc2.com/tb.php/1153-722f9790

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT