アーカイブ :2017年06月18日 瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

“これこそ、せともの”セトノベルティの魅力を紹介し、その技術継承に努める市民活動団体です。

瀬戸ノベルティ文化保存研究会 We are the Seto Novelty Culture Preservation Society, a citizens’organization in Seto City, Aichi Prefecture 、Japan◆瀬戸ノベルティに“最高の評価”!レース人形の最高峰・TK名古屋人形製陶所製「アン王女」が皇室に献上!★瀬戸から「ノベルティ」と「昭和の青春切符~集団就職の記録~」を『日本遺産』に!◆時を超えて香り立つ魅力・ノベルティこそ“瀬戸の華”!セト・ノベルティこそ「せともの」!【瀬戸ノベルティ倶楽部:The Seto Novelty Club〈office〉、Americans who love SETO NOVELTIES, your mail to us is deeply welcome. address :setonovelty_club@yahoo.jp】 写真などこのブログでの画像の無断使用は固くお断りします!

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

高浜市で“花華(はなはな)アート”開催

6月18日
☆当「瀬戸ノベルティ俱楽部」は昨17日、愛知県高浜市で開催中の「鈴木敏夫瀬戸ノベルティ絵画展」で“花華(はなはな)アート”のワークショップを行いました。

225ds.jpg
224sa.jpg
IMGP1150d.jpg
*会場は「高浜第二ふれあいプラザ」です。
IMGP1151ds_20170618011127cd2.jpg
222sa.jpg
*この“花華アート”のワークショップには高浜市民ら約20人が参加しました。
3ew_201706180114083ef.jpg
1re_2017061801125253e.jpg
4ds_20170618011718305.jpg
5fd_20170618011911a2c.jpg
9re.jpg
IMGP1414ds.jpg
as_201706180150104ab.jpg
77ds.jpg
11fd.jpg
IMGP1649ds.jpg

aads_20170618020759f10.jpg
IMGP1682w.jpg
IMGP1684fd_2017061808062714a.jpg

*高浜特産の三河瓦業界にも新しい風が生まれているようです。
IMGP1168fd.jpg
fffd_20170618083040e8e.jpg
(↑女性の鬼師<鬼瓦を造る職人>の製品↓)
IMGP1171ds.jpg
IMGP1174e.jpg

*昨17日は、瀬戸ノベルティと高浜名産三河瓦の魅力を相互に再発見できればと、コラボの試みも行われました。
cds_20170618014418131.jpg
dds_20170618014306e0f.jpg
*瀬戸ノベルティの魅力を描き続けている鈴木敏夫さんが高浜市特産の三州瓦にノベルティの素敵な絵を描いてくれたのです。
efd_201706180152284ce.jpg
ffd_2017061801544882b.jpg
gds.jpg
*いぶし銀と彩のコラボレーション。初めて見る“瓦絵”です。
bbbxz.jpg

bfd_201706180146001ca.jpg
*高浜では瓦葺きに用いられる“まんじゅう”と呼ぶものがあり、、この“まんじゅう”に瀬戸ノベルティの磁器の小花で装うコラボも行われました。↓
22ds_20170618023415080.jpg
22 (1)ds
33ds_20170618023714c00.jpg
44ds.jpg
55sa.jpg
IMGP1556fdfd.jpg
77ds_20170618024053b50.jpg
yosikunig.jpg
88ds.jpg
99d.jpg
100fd.jpg
*“瓦のまんじゅう”がいぶし銀とカラフルな色彩の美しい共存が深い印象を醸し出すようなアート作品になりました。実用品としても“パーパーウェイト”にできるのだそうです。新しい「高浜名物」になるような予感がします。
IMGP13862 (2)ds
IMGP13862 (1)s
vvvvvvds_201706180254372af.jpg
IMGP1193sa.jpg
(↑右:瀬戸ノベルティを描き続けている鈴木敏夫さん)
IMGP1195ds.jpg
IMGP1313ds.jpg

*当会会員が同席しての“花華(はなはな)アート”ワークショップは17日のみですが、ご希望の方には、同所スタッフの説明を受けながら同種の体験を楽しむことができます。

IMGP1391ew.jpg

*愛知県の大村知事は県内の瀬戸・高浜・常滑という三つの窯業地が不振に喘いでいることを受けて「三窯業地がともに力を合わせて窯業の再生に努めて欲しい」と述べていると聞きました。その意味で、県内の三窯業地が情報を持ち寄り、衆知を合わせて再生への方途を報じる時に来ていると当会も感じています。今回、ささやかではありますが両市の有志が瀬戸特産のノベルティと高浜特産の瓦とのコラボレーションを試みていることはそうした「陶都再生への一助となるような糧」を見出すことを願うものです。

IMGP1488ds.jpg

IMGP1180sa.jpg
IMGP1181ds_20170618085041903.jpg
IMGP1312ds_20170618085820019.jpg













| 記事 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |