アーカイブ :2015年04月 瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

瀬戸ノベルティ文化保存研究会・瀬戸ノベルティ倶楽部

“これこそ、せともの”セトノベルティの魅力を紹介し、その技術継承に努める市民活動団体です。

瀬戸ノベルティ文化保存研究会 We are the Seto Novelty Culture Preservation Society, a citizens’organization in Seto City, Aichi Prefecture 、Japan◆瀬戸ノベルティに“最高の評価”!レース人形の最高峰・TK名古屋人形製陶所製「アン王女」が皇室に献上!★瀬戸から「ノベルティ」と「昭和の青春切符~集団就職の記録~」を『日本遺産』に!◆時を超えて香り立つ魅力・ノベルティこそ“瀬戸の華”!セト・ノベルティこそ「せともの」!【瀬戸ノベルティ倶楽部:The Seto Novelty Club〈office〉、Americans who love SETO NOVELTIES, your mail to us is deeply welcome. address :setonovelty_club@yahoo.jp】 写真などこのブログでの画像の無断使用は固くお断りします!

2015年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

当会創作の2曲『瀬戸へ行かんでどこへ行く』『瀬戸ノベルティの歌』を作ってくれたフォークグループ「ピ・ペ・ファート」のコンサートが岐阜県郡上市美並町で開催されました

4月29日(水)
★今日29日、当会創作の2曲『瀬戸へ行かんでどこへ行く』『瀬戸ノベルティの歌』を作ってくれたフォークグループ「ピ・ペ・ファート」のコンサートが岐阜県郡上市美並町で開催されました。当会は、そのドキュメント映像を記録しました。

IMGP5553-erv.jpg
IMGP5542-qc.jpg
↑「ピ・ペ・ファート」のコンサートにはいつも手話通訳が付きます。
IMGP5500-d.jpg
*このコンサートでも、当会創作の名曲『瀬戸へ行かんでどこへ行く』が歌われました。

| 記事 | 12:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フォークグループ「ピ・ペ・ファート」のコンサート

4月29日(水)
★今日29日(水)、「瀬戸ノベルティ俱楽部」を臨時休館とさせて頂きます。当会創作の2曲『瀬戸へ行かんでどこへ行く』『瀬戸ノベルティの歌』を作ってくれたフォークグループ「ピ・ペ・ファート」のコンサートが今日29日(水)岐阜県郡上市美並町で開催、そのドキュメント映像を記録するためです。どうか、あしからずご了承ください。

IMGP4770-yr.jpg
(↑フォークグループ「ピ・ペ・ファート」、当会撮影)

| 記事 | 09:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

瀬戸ノベルティの“テレビ出演”が目立っています

★このところ瀬戸ノベルティの“テレビ出演”が目立っています。昨28日、メーテレ(テレ朝系列)で再放送された藤田まこと主演の人気刑事ドラマ「はぐれ刑事純情派」に瀬戸ノベルティがまた映し出されました。
IMGP5471-evb.jpg
(↑テレビドラマ「はぐれ刑事純情派」の画面から↓)
IMGP5467-tw.jpg
*このドラマはエステサロンを舞台にした愛憎劇でしたが、“出演”した製品はランプスタンド式ノベルティで、当会が入手している下の製品↓と同種の「あかりの瀬戸ノベルティ」です。名古屋のK社が瀬戸のY製陶に外注したと思われるノベルティ製品で、このような製品は今ではもう瀬戸でほとんど作られてはいません。当会はこうしたランプスタンド式ノベルティを数体入手しています。
加藤工芸1986年2-hg
-t.jpg

| 記事 | 03:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『瀬戸ノベルティの歌』の2曲を制作し、CD化しています

4月28日(火)
★当会は『瀬戸へ行かんでどこへ行く』と『瀬戸ノベルティの歌』の2曲を制作し、CD化しています。その2曲を作ってくれたのが岐阜県郡上郡で活動するフォークグループ「ピ・ペ・ファート」。そのリーダーの増田康記(やすのり)さんが今日28日の朝日新聞「ひと」欄で大きく紹介されました。↓

IMGP5464-ef.jpg
(↑朝日新聞4月28日の紙面↓)
IMGP5465-wec.jpg
IMGP5466-re.jpg
★その「ピ・ペ・ファート」が明日29日(水)、「結成40周年記念コンサート」を郡上市美並町の日本まん真ん中ホールで開きます。当会もその記録を撮影するために参加しますが、そのため当「瀬戸ノベルティ俱楽部」を臨時休館とさせて頂きます。誠に恐縮ですが、どうかご了承をお願い致します。
IMGP5313-4g.jpg

| 記事 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケネディー大統領のノベルティ(SP)を入手しました

4月28日
★安倍首相が渡米し、キャロライン・ケネディ駐日大使も同行されています。安倍首相がボストンのケネディ資料館を見学したというニュースがテレビで報道されました。実は、当会は、このほど、ケネディー大統領のノベルティ(SP)を入手しました。↓

IMGP5490-ef.jpg
(↑瀬戸市のノベルティ工場に残されていた資料)
IMGP5491-rfw.jpg
(↑この製品が昭和37年に作られていたという記録) 
*実は、このケネディのノベルティも瀬戸市で沢山作られ、アメリカに輸出されていたのです。当会の調べにより、この製品を作った生地会社や絵付け職人の名前も分かりました。この製品を作った原型師もご健在です。この話題もやがて新聞等で大きく報道されることと思います。

| 記事 | 04:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伊藤保徳さんが新しい瀬戸市長に当選しました

4月27日 
★当「瀬戸ノベルティ文化保存研究会」の会員である伊藤保徳さんが新しい瀬戸市長に当選しました。

IMGP5337-ecx.jpg
(↑中日新聞27日の紙面) 
IMGP5336-ow.jpg
(↑朝日新聞27日の朝刊紙面・新瀬戸市長に当選した伊藤保徳さん)
★伊藤保徳さんは、瀬戸市の暁工業団地にある河村電器産業の副社長を経て同社相談役。お年寄りの知恵や経験を活かすなどして「生涯現役のまちづくり」を進め、瀬戸の歴史や文化を重視し、やきものの歴史や伝統、やきものづくりの技術を保存伝承して「つながりと賑わいのあるまち、魅力あるまちづくり」を公約に掲げています。
★伊藤さんは、当会の活動の趣旨を深く理解され、当会の会員に加わっています。
★河村電器産業は、2009年に当会を立ち上げる際、当会が収集していた大量のノベルティの保管場所を提供してくれた会社です。

| 記事 | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

★当「瀬戸ノベルティ俱楽部」の予定をお知らせします

4月26日 
★当「瀬戸ノベルティ俱楽部」の予定をお知らせします。

★明日月曜日(27日)と火曜日(28日)は、定休日です。
明後日29日(水曜日)は、当会の活動にご協力頂いているフォークグループ「ピ・ペ・ファート」の40周年コンサートが郡上市美並町であり、当会も参加のため、お休みとさせて頂きます。
★5月3日(日)と4日(月)は、当会の母胎となった愛知製陶所『芸術家横丁5月祭』。
ただし、当「瀬戸ノベルティ俱楽部」は開館します。
なお、5日(火)は定休日、6日(水)から開館の予定です。あしからず、ご了承下さい。
※お問い合わせは、090-6339-0791(「瀬戸ノベルティ俱楽部」)へお願い致します。

| 記事 | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

★きたる5月3日(日)と4日(月)、瀬戸市下陣屋町の愛知製陶所で『芸術家横丁5月祭』を開催します

4月25日
IMGP5325-fgs.jpg
★きたる5月3日(日)と4日(月)、瀬戸市下陣屋町の愛知製陶所で『芸術家横丁5月祭』を開催します。当会は、今ではほとんど見ることのできなくなった瀬戸ノベルティの至宝“レース人形”↑↓などを出品します。

IMGP5323-0eb.jpg
IMGP5318-j.jpg
★当「瀬戸ノベルティ文化保存研究会」の活動は、瀬戸市中の窯屋を支える「愛知製陶所・芸術家横丁」の活動から始まっています。『芸術家横丁』は当会の事務局長が提唱し2001年に開催した「秋日和・窯工房コンサート」↓を縁として結成されたものです。
011007SETOAICHISEITO39-rc.jpg
↑そのコンサートはフォークグループ「ピ・ペ・ファート」の歌を軸にしたもので、当会事務局長が作詞した『瀬戸へ行かんでどこへ行く』はその時生まれました。「ピ・ペ・ファート」は長良川河畔の岐阜県郡上市に住む中年フォークグループで、地方に暮らす人々の日々の哀歓、自然の移ろいや家族のありよう、心のふれあいなどを歌い続けています。
IMGP5313-4g.jpg
IMGP5315-rb.jpg
IMGP5314-6j.jpg
↑当会は『瀬戸へ行かんでどこへ行く』に続き、『瀬戸ノベルティの歌』の曲も作り、2曲をCDに製作しています。当会ではこの2曲を吹き込んだCDを当「瀬戸ノベルティ俱楽部」で1枚千円で販売しています。お問い合わせは、当俱楽部090-6339-0791へどうぞ。
IMGP4799-f.jpg
IMGP5328-jr.jpg
IMGP5329-et.jpg
↑*「ピ・ペ・ファート」は今月29日(水・祝)、「結成40周年コンサート」を郡上市美並町の「日本まん真ん中センターホール」で行います。開場は13時、有料で、お問い合わせは090-4851-6988(田代さん)へ。
IMGP5326-TB.jpg
IMGP5327-8J.jpg

| 記事 | 12:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春恒例の『陶祖まつり』が行われています

4月18日(土)
★晴天に恵まれた瀬戸市では今日と明日、春恒例の『陶祖まつり』が行われています。当「瀬戸ノベルティ倶楽部」では、日頃あまり目にすることのできない魅力的なノベルティ製品の数々を多数展示しています。

IMGP5257-u.jpg
↑当会が長年町づくりを学んできた岐阜県美濃市の春まつりで頂いてきた花みこしに飾る和紙の花を入口に飾らせて頂きました。
IMGP5225-e.jpg
↑当「瀬戸ノベルティ倶楽部」前のワゴンの製品。↓下はプレスリーの額皿。↓
IMGP5226-rv.jpg
IMGP5228-rgv.jpg
↑変わり種の貯金箱。
IMGP5229-r3.jpg
↑イースターの卵型の小物入れ。
↓館内にもいろいろな製品を並べています。
IMGP5262-wf.jpg
IMGP5259-rt.jpg
(↑瀬戸のノベルティ会社がマレーシアの会社で作ったキャラクター製品↓)
IMGP5260-erb.jpg
IMGP5261-e.jpg
(↑ピアノベビー)
IMGP5230-tw.jpg
↑また、当館前のアーケード内で当会が創出して話題の『花華(はなはな)アート』のワークショップを行っています↓
IMGP5233-eb.jpg
IMGP5231-er.jpg
IMGP5236-ef.jpg
*名古屋市守山区からおいでのご家族も『花華アート』のひとときを楽しんでくださいました。
IMGP5237-refg.jpg
IMGP5235-.jpg
IMGP5239-ewg.jpg
IMGP5240-eg.jpg
IMGP5292-jk.jpg
IMGP5288-uh.jpg
*このお二人、前に当館へおいで下さった時に当会が作った製品を買われようとしたので、「折角ならお祭りの時に来て、自分で作ったら楽しいですよ」と提案したところ、今日親子でおいで下さったのです。
IMGP5299-rh.jpg
IMGP5300-rw.jpg
*「陶祖まつり」の二日間、当館内で、『瀬戸へ行かんでどこへ行く』のCD音楽を流し、また、当会制作の『只野展也・瀬戸ノベルティコンサート』のDVDを上映しています。この瀬戸ノベルティのドキュメントを音楽演奏で綴る『只野展也・瀬戸ノベルティコンサート』のDVDも一枚1000円で当館でお買い求め頂けます。どうぞ、お気軽にお立ち寄り下さい。
IMGP5224-j.jpg
IMGP5223-wq.jpg
↑ 「ピ・ペ・ファート」が作ってくれた当会制作のCDは2曲入り、1枚千円でお求め頂けます。お問い合わせは、「瀬戸ノベルティ倶楽部」090-6339-0791へ。(配送料をご負担頂ければお送りすることも致します)

| 記事 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ピ・ペ・ファート」は、今月29日、記念コンサートを開きます

4月17日 
★当会は「ピ・ペ・ファート」というフォークグループに委嘱して『瀬戸へ行かんでどこへ行く』と『瀬戸ノベルティの歌』という2曲を作っています。今年結成40年を迎える「ピ・ペ・ファート」は、今月29日、記念コンサートを開きます。昨日の中日新聞夕刊にその「ピ・ペ・ファート」のことが掲載されました。

1-re.jpg
IMGP5223-wq.jpg
(↑ 「ピ・ペ・ファート」が作ってくれた当会制作のCD)
IMGP5219-rfg.jpg
*「ピ・ペ・ファート」はの長良川河畔の岐阜県郡上市に住む中年フォークグループで、地方に暮らす人々の日々の哀歓、自然の移ろいや家族のありよう、心のふれあいなどを歌い続けています。
IMGP4799-rew.jpg
(↑岐阜県郡上市で「ピ・ペ・ファート」のコンサート風景:当会撮影)
IMGP2345-red.jpg
(↑当会の委嘱を受けて『瀬戸ノベルティの歌』を作るため、ノベルティ会社を取材するメンバー)
IMGP8777-ev.jpg
(↑ 解体された大手ノベルティ会社の跡地を歩く「ピ・ペ・ファート」のメンバー・田代雅一さん。↓解体された跡地に残されていたノベルティの形見。)
IMGP8778-ok.jpg
IMGP5220-c.jpg
*「ピ・ペ・ファート」は、当会事務局長の著したノンフィクション『さくら道』に記録され“奥美濃の桜守り”佐藤良二さんの生き方に感銘を受けて名曲「さくら道」を作り、それが彼らの代表作ともなっています。その縁から当会と「ピ・ペ・ファート」との縁が育まれてきたのです。
011007SETOAICHISEITO39-bdf.jpg
(↑瀬戸の窯屋での「秋日和・窯工房コンサート」:2001年)
IMGP5224-j.jpg
↑ 「ピ・ペ・ファート」が作ってくれた当会制作のCD。2曲入り1枚千円でお求め頂けます。お問い合わせは、「瀬戸ノベルティ倶楽部」090-6339-0791へ。
IMGP5218-ewd.jpg
★「ピ・ペ・ファート」は今年結成40年を迎えます。今月29日、郡上郡美並町の「日本まん真ん中センター」でコンサートを開きますが、前売り券については、メンバーの田代雅一さん、090-4851-6988へお問い合わせ下さい。当会も聞きに行きます。

| 記事 | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

末広町アーケード内の「瀬戸ノベルティ俱楽部」の前で、「花華アート」のワークショップ(体験する楽しみ)を行います

4月17日 
★瀬戸市では明日18日と明後日19日の二日間、春恒例の「陶祖まつり」が行われます。当会は、末広町アーケード内の「瀬戸ノベルティ俱楽部」の前で、「花華アート」のワークショップ(体験する楽しみ)を行います。お気軽においで下さい。ご予約は不要です。

IMGP0800-e.jpg
IMGP0985-bg.jpg
(↑昨年の「花華アート」の様子:末広町アーケード内の「瀬戸ノベルティ俱楽部」の前で)
IMGP9066-cv.jpg
(↑当会が創出した「花華アート」作品:このような作品も入手できます)
CIMG1885-k.jpg
*↑また、このワークショップでは、自分で好きなように色を塗ったり、和紙を自由に貼ったりしていろいろ気軽にお楽しみ頂けます。↓ 
IMGP7552-r.jpg
IMGP8876-rgw.jpg
IMGP8916-t.jpg
↑メモスタンドや吊るし飾り、
IMGP8927-rv.jpg
↑どこにもないブローチ、
IMGP8928-wc.jpg
↑また、このような写真立てなどもできます。この週末のワークショップでは、楽しんで頂くことのできる製品の種類に限りがあり、ここで御紹介したすべての種類を楽しんで頂くことはできませんので、あしからずご了承ください。

| 記事 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昭和35年に瀬戸で作られたノベルティを入手しました

4月13日 
★1960年、昭和35年に瀬戸で作られたノベルティを入手しました。

IMGP5196-wc.jpg
IMGP5203-wc.jpg
*“HOLT HOWARD”の、きわめて入手困難な製品で、赤いローブを着たブロンド髪の天使が目をつむり、ハープを弾いているノベルティです。
IMGP5199-ewq.jpg
IMGP5193-v.jpg
*この55年も前に瀬戸市で作られた製品が、今もわずかですがアメリカに残されていることが当会の調べで分かりました。

| 記事 | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

★臨時休館のお知らせです

4月10日 
★臨時休館のお知らせです。当「瀬戸ノベルティ俱楽部」は11日(土)と12日(日)を休館とさせて頂きます。また、月曜日と火曜日は定休日です。誠に申し訳ありませんが、あしからずよろしくお願い致します。
なお、お急ぎの方は、090-6339-0791へお願い致します。

| 記事 | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『博雲陶器』製のノベルティを特集展示しています

4月8日 
★当「瀬戸ノベルティ俱楽部」では今、『博雲陶器』製のノベルティを特集展示しています。

IMGP9302-ec.jpg
*これらの製品は、同社の元原型師の方などが保存されてきた製品をお借りして展示しているものです。
IMGP9148-ok.jpg
(↑旧「博雲陶器」の社屋↓)
IMGP9272-ij.jpg
*その原型師の方からノベルティ生産最盛期の写真もお借りしました。
IMGP9280-wex.jpg
*↑1970年の大阪万博旅行への記念写真もありました。瀬戸のノベルティや洋食器メーカーの多くの事業所で大阪万博への旅行を行っていました。
IMGP9287-kn.jpg
IMGP9279-ug.jpg
*瀬戸では、こうした社員旅行や慰安旅行を“山行き”(やまいき)と呼んでいます。この頃の宴会↑は高度成長期を象徴するような実に盛大なものでした。
IMGP9306-erv.jpg
IMGP9308-ok.jpg
IMGP9160-er.jpg
IMGP9164tt.jpg
*会社の忘年会はクリスマスパーティーを兼ねて行われることも多く、実行委員が編成され、職場毎にバンド演奏や演劇などに趣向が凝らされました。
IMGP9155-er.jpg
*その創業期から平成に至って閉鎖されるまで博雲陶器の専属原型師として過ごし、その名品のほとんどすべての原型を手がけられたこの職人さんは、昨年夏に病気を患われ、今、リハビリの日々を過ごしておられます。当会は、この職人さんも含め、“ノベルティ原型師の世界”の一項目を設け、来年発刊予定の『瀬戸ノベルティの本』に収めることにしています。
IMGP9174-ih.jpg

| 記事 | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

輸出されたノベルティとその製品に照合できる伝票を入手しました

4月4日
☆瀬戸で作られ、輸出されたノベルティとその製品に照合できる伝票を入手しました。昭和37年の瀬戸ノベルティ2体です。

IMGP5026-wg.jpg
IMGP5030-ko.jpg
IMGP5048-ik.jpg
IMGP5050-er.jpg
*↑日本陶磁器意匠センターに提出されたそのデザインの保全登録申請書です。これは、名古屋市東区にあった日本窯行(ようこう)貿易という商社が扱った製品です。
IMGP5058-wev.jpg
*↑これは、ユナイテッドトレーディングカンパニーという商社が扱った製品です。↓
IMGP5051-xs.jpg
IMGP5064-qx.jpg
IMGP5070-qwc.jpg
IMGP5065-ev.jpg

| 記事 | 12:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

★当「瀬戸ノベルティ俱楽部」で「博雲陶器(はくうん)」の展示が始まりました

4月3日 
★当「瀬戸ノベルティ俱楽部」で「博雲陶器(はくうん)」の展示が始まりました。その様子です。

IMG_7054-ik.jpg
IMG_7055-de.jpg
IMG_7062-lm.jpg
IMG_7063-bn.jpg
*今、博雲陶器の製品をこれほど見ることのできる場所は当俱楽部以外にはあまりないことでしょう。実は、インターネットを見ると、沢山の博雲陶器の製品が今もアメリカに数多く残されていることがわかり、驚かされます。
IMG_7064-vb.jpg
IMG_7071-bjk.jpg

4月3日 
★4月の当「瀬戸ノベルティ俱楽部」の企画展示は「博雲陶器(はくうん)」特集です。昨日、ある方から更にお借りしました。その一部を御紹介しましょう。

IMGP4510-iu.jpg
1-ew.jpg
0-2-rf.jpg
1-2-bg.jpg
*これらの製品は多くがアメリカへ輸出され、会社末期の1990年代から2000年初期にかけては国内にも販路を持っていました。
1-3-hg.jpg
1-4-rtb
0-1-po.jpg
*絵付けは“吹き”(吹き付け・スプレー)が基本だそうです。このようなリアルで自然な絵付けは、熟練の職人にしかなしえない高度な“吹き”の技術によって可能なのです。
IMGP4654-wq.jpg
3-km.jpg
1-5-ew
*これほど毛並みがリアルで丁寧に施された製品は他にあまり見ることができません。
ノベルティを作る専門家でさえ、どのような製法によってこのような製品を作り出すことができるのか、舌を巻くほどの製品だと言います。「いい仕事をしていますね。今ではもうこれほどのものはなかなか作ることができないですよ…」。
IMGP4602-wq.jpg
*↑これは、“Snuggling Piggy Figurine”(気持ちよく寄り添って横たわる豚)シリーズ。
命を持つものへの共感を覚えずにはいられないような、実に見事な製品です。
IMGP4639-gt.jpg
2-1-it.jpg

| 記事 | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |